国の教育ローンのメリットとデメリット

教育時に情報端末の利用が増えています 国の教育ローンのメリットとデメリットについて考えていきます。このローンは、日本金融政策公庫が行っている公的なものになります。申し込みは日本政策金融公庫又は国民生活事業の各支店窓口から、季節問わずにいつでも可能となっています。融資額は1人に対して300万円までとなっています。

では、この国の教育ローンにはどのようなメリットとデメリットがあるのかを考えていきます。まずはメリットからです。メリットは、融資の実行までの日数が銀行の教育ローンよりも断然早いことであります。申し込みをしてから実際に融資が実行されるまで約2週間程度と早いです。これが銀行ならば、融資するかどうかの審査に時間がかかってしまうため、スピーディに融資を受けることが難しくなります。一方デメリットは、融資条件に親の所得制限があり、そして親の所得制限がクリアしても融資が下りないこともあることです。意外と融資審査が厳しいです。ですが、融資審査が通過すれば融資までの実行スピードは早いです。


Copyright(c) 2018 教育時に情報端末の利用が増えています All Rights Reserved.